ネズミの駆除は見極めも大切

ネズミの駆除は、自分で駆除できるのか見極めることも大切です。ネズミが家の中で繁殖して数を増やしている場合や、家の奥深く入り込み被害が甚大な場合には、市販のグッズや駆除方法では効果が得られない場合があるのです。

ネズミが昼間も家の中で堂々と姿を見せる場合には、ネズミが家に馴染み繁殖して数を増やしている可能性が高いのです。



屋根裏を走り回る足音の気配が多い場合は、集団で活動している可能性が高いためできるだけ早く駆除する必要があるのです。

ネズミの駆除は、粘着シートや捕獲カゴ、バネ式の罠などでの捕獲。
そして、殺鼠剤を食べさせる方法があります。ネズミの死骸には、多くの病原菌をもっているため、直接、手で触らないように注意が必要です。

生きたまま捕獲するカゴ式の罠や粘着シートは捕獲した後に、処理が必要になるのです。死骸や後処理に自信がないという場合は、自力でのネズミの駆除は難しいでしょう。



住居の構造的に屋根裏に上がれない場合は、駆除も難しくなるのです。

ネズミは屋根裏に入り込んで巣を作ることが多いため、別の場所に罠や殺鼠剤を仕掛けても効果がみられない場合は、屋根裏を処置する必要があるのです。


そして家が古く、ネズミの侵入口が多く塞ぎきれないという場合も、自力での駆除は難易度が高いのです。
ネズミの駆除は罠や殺鼠剤を仕掛けても、すぐに効果は出ないのです。
殺鼠剤は遅効性の毒なので、一度食べさせてからも継続して食べさせる必要があるのです。



粘着シートなどの罠も、ネズミは警戒心が強いため設置してすぐに効果が出るとは限らないため、罠の設置場所など、試行錯誤する必要があるため、1ヶ月以上の日数を要する場合もあるのです。


ネズミの駆除に自信が無い、難しいと判断したときには、専門の業者への依頼することも選択肢のひとつです。
巣の消毒や侵入経路を塞ぐなど、プロならではの対策をおこなってくれるのです。